カサカサ肌の次男を抱えた薬剤師ママが、同じ悩みを持ったママのために超わかりやすく解説するスキンケアサイトです。

[薬剤師ママが解説]赤ちゃんの保湿ケアサイト~ベビスキ

保湿剤について

赤ちゃんの保湿剤の選び方とおすすめランキング

更新日:

赤ちゃんの保湿剤の選び方とおすすめランキング

あやか
みなさん、こんにちは。
薬剤師で3児の母、あやかです。

赤ちゃんの保湿剤は、とても沢山の種類が発売されていて、どれを選んでいいのか本当に迷いますよね。
薬剤師の私でも、最初に赤ちゃん用品店の保湿剤コーナーに行ったときは、あまりの数の多さにしばらくフリーズしてしまいました…。

ママ
値段もピンきりで、違いもよくわからないのよね。
で、とりあえず一番安いの買ったら、湿疹ができちゃった…
あやか
あらら、大変。
入っている成分も色々だし、特にお肌の敏感な赤ちゃんは注意して選びたいよね。
ママ
それが難しいのよ。
成分の名前見ても、全然わかんないし。

そもそも、ローション?クリーム?オイル?とか色々ありすぎて、どれがいいのかもわからない…

…というわけで、保湿剤の選び方からオススメの保湿剤まで、このページでは詳しく解説していきます。

保湿剤のタイプはどれを選ぶ?

「赤ちゃんの保湿剤」として販売されているものには、大きく分けて、ベビーローション、ベビークリーム、ベビーオイルがあります。

簡単に比較表にまとめると…

ベビーローション 化粧水、乳液タイプ。
塗りやすくて手軽。種類も豊富。
比較的どんな肌の状態でもok。
ベビークリーム チューブやポットに入ったタイプのクリーム。
やわらかめのものから、軟膏タイプまで様々。
保湿力が高く、カサカサしやすい子にオススメ。
ベビーオイル いわゆる「油」。植物系から石油系まで様々。
お肌に薄い膜を張って保護することで、保湿することができる。
保湿だけでなく、お鼻や耳の掃除、おへそのケアにも使える万能選手。
あやか
まず一番最初に選ぶのなら、ローションがおすすめ。

普通肌の子ならローションのみでokですし、乾燥しやすければローション+クリームとか、ローション+オイルとバリエーションを出して使えます。

ママ
なるほど、まずはローションを用意して、カサカサするようならクリームとかをプラスしてあげればいいのね。
あやか
そういうこと。
赤ちゃんの肌は、季節や月齢によって大きく変化するので、状況をみながら一番お肌の調子が良くなる組み合わせを考えてあげてね。

関連記事赤ちゃんの保湿剤、オイル・クリーム・ローションの違いって?

赤ちゃんの保湿剤を選ぶポイント

赤ちゃんのお肌に毎日塗る保湿剤は、安全なものが大前提。

不要な成分が含まれていないこと、しっかり保湿できることが一番大切ですが、その他にも以下のポイントに気をつけて選ぶと安心です。

  • 余分な成分がはいっていないこと
  • なめても安全なこと
  • 保湿効果が高いこと
  • 取り扱いやすくて、塗りやすいこと
  • においがきつくないこと
  • お肌の状態に合ったものであること

余分な成分がはいっていないこと

合成香料、着色料などは、見た目の色や香りをつけるためのものなので、赤ちゃんの保湿剤には不要です。

パラベンは保存料として含まれていることがあります。
お肌の弱い子の場合は刺激になってしまうことがあるので、なるべく含まれていないものを選びましょう。

特にドラッグストアやスーパーなどで売られている安価な保湿剤は、香料がきつかったり、保存料が山盛りだったりと「値段なり」のものが多いので、お肌が弱い赤ちゃんには要注意です。

関連記事[無添加?オーガニック?]赤ちゃんに本当に安全な保湿剤を選ぶには?

なめても安全なこと

赤ちゃんは指をしゃぶるのが基本。
おててについた保湿剤は、口に入ってしまう可能性大です。

お口に入ってしまった場合の安全性も、きちんと考えられているものを選びましょう。

ポイント

基本的に、赤ちゃん向けで売られている保湿剤はお口に入れてしまっても、それほど大きな問題にはなりません。

保湿効果が高いこと

しっとりさせることを目的に使用するので、きちんとした保湿効果があるものを選びたいところ。

ヒアルロン酸、セラミド、ライスパワーなど、それぞれこだわりの保湿成分が配合されていることが多いですが、きちんと保湿するための成分が含まれているものなら、保湿効果もアップします。

取り扱いやすくて、塗りやすいこと

とにかくじっとしていてくれない赤ちゃんに保湿剤を塗るには、さっと出せて、手早く塗れることがとても大切。

ポンプ式のものは、片手でも取り出せて便利なのでオススメ。
また、伸びが良くて浸透が早いものは、塗るときに手早く塗れて助かります。

逆にお出かけのときには、コンパクトなタイプのものが便利なので、状況によって使い分けるのもGOODです。

においがきつくないこと

基本的に赤ちゃんの保湿剤は無臭がベストです。

「赤ちゃんがリラックスする」などの、香りの効果を狙うのであれば、においがきつくなりがちな合成香料ではなく、やさしい香りの天然精油のアロマ成分を使用しているものを選びましょう。

お肌の状態に合ったものであること

赤ちゃんのお肌は、月齢によって大きく変化します。

新生児:カサカサ

3ヶ月・4ヶ月くらい~:脂ギッシュ

脂がおちついてくると、再びカサカサ

さらに、季節の変動によって、お肌の状況は大きく変化します。
とくに夏場、冬場はお肌のバランスを崩しやすいので、気をつけて選びましょう。

基本的に脂ギッシュな時期は、さっぱりしたローションタイプがオススメ。
カサカサ皮むけしてきたり、赤くなっている場合には、より保湿力の高いクリームタイプがぴったりですし、カサカサのポイントケアなどにはオイルが便利です。

あやか
我が家の子どもたちの経験上も、今までちょうどよかったのに、ちょっと寒くなってきたら全然保湿力が足りない…なんてことがちょくちょくありますので、「うちの子はコレ」というよりも、お肌の状態によって使い分けてあげてください。

赤ちゃんの保湿剤オススメランキング

お肌の状態によってオススメの保湿剤は変わるので、「ベビーローション」「ベビークリーム」「ベビーオイル」に分けてランキングにしています。

うちの子のお肌にどれがいいかわからない…という場合には、ベビーローションから始めてみてください。
スキンケアの基本になるのがベビーローションなので、保湿力が足りなければ、クリームやオイルをプラスすることでも調整が可能です。

ママたちに口コミで人気の保湿剤は…

身近なママたち15人に聞いてみたところ、ダントツで1位だったのが【ファムズベビー】
実はこのファムズベビー、「ベビーローション」とも「ベビークリーム」とも言えない独自路線の保湿剤なのです。
もこもこの泡で出てくるムースタイプの保湿剤ですが、なんといっても魅力は、汗をかいても石けんで洗っても8時間効果が続くこと。
ベタつきがないのに保湿効果が高いので、一年を通じてどんなお肌の状態でも使うことができます
特に、日中保湿剤の塗り直しができない保育園ママたちに絶大な人気でした。

お薬や他の保湿剤との併用もokで、とにかく使いやすいのが一番。
お肌を保護することに特化しているので、お肌の弱い子でもアレルギーやトラブルが起きにくいことも安心の理由です。

あやか
我が家のメインに使用している保湿剤も「ファムズベビー」です。
(カサカサ次男だけは、必要に応じてお薬やクリームなどを塗った上から使っています)

ファムズベビー

お肌の表面に薄い膜を張ることで、長時間お肌を保護してくれる保湿&保護剤。
外部からの刺激によって起こるトラブルの原因をシャットアウトしてくれるので、あせも、おむつかぶれなどからもお肌を守ってくれます。安心の日本製で新生児から使用OK。
母子手帳の副読本にも掲載されている安心のブランドです。
安全性 使いやすさ 保湿力 価格
パッチテスト/スティンギングテスト/急性経口毒性試験済み 泡ででてくる
ムースタイプ
およそ8時間
※石けんで洗っても
保湿効果は持続
 

85g/2,592円
(税込・単品購入)
※1缶でおよそ一ヶ月分

弾力のある泡が出てくるムースタイプの保湿剤。
無香料、パラベン不使用で新生児から使用ok。

お肌に薄い膜を貼るように保護することで、お肌本来の保湿力とバリア機能をサポートしてくれます。
なんといっても魅力は一度塗れば、保湿力が8時間持続すること。
汗をかいたりよだれを拭き取ったりしても、落ちてしまうことがなくずっとお肌を守り続けてくれます。
あせもやおむつかぶれなどのトラブルがあるお肌にも使用でき、刺激になる物質から長時間守ってくれるので、お肌が弱く、トラブルを起こしやすい子にもぴったりです。

お肌が本来もっているバリア機能をサポートすることに特化しているので、アレルギーや刺激を起こしてしまう成分が極力排除されていて、新生児や超敏感肌の子でも安心して使えるのもオススメのポイント。

 

ベビーローションオススメランキング

スキンケアの基本はこちら。
さらっとして塗りやすく、オールシーズンでオススメです。

ベビー保湿クリームオススメランキング

乾燥する季節、カサカサしやすい子にはこちらがオススメ。
ベビーローションにプラスしてもGOODです。

ベビーオイルオススメランキング

カサカサしている部分のポイントケアにプラスしたり、鼻や耳の掃除にも使えて汎用性の高いベビーオイル。
日常のスキンケアには使わなくても、一本常備しておくと心強いアイテムです。

まとめ

赤ちゃんのために選ぶ保湿剤は、きちんと成分を確認してから。
値段の安いものは、保湿成分があまり含まれていなかったり、保存料がたっぷり使われていたりすることもあるので、よく注意して選びましょう。

一番最初に購入するなら、ローションタイプが使いやすいのでオススメ。
カサカサ肌の子でも、クリーム単品よりもローションで水分を補った後にクリームでフタをしてあげるように塗るとより保湿効果がアップします。

ママたちにも人気の【ファムズベビー】は、どんなお肌のタイプでも使える上に、保湿効果が8時間持続する便利な保湿剤。
ムースタイプで塗りやすく、持ち運びにも軽くて便利です。



  • この記事を書いた人
ayaka

あやか

三人の子を持つママ薬剤師。 乾燥肌でつねに皮膚トラブルに見舞われている次男をなんとかしようと、色々なケアを試行錯誤中。 薬剤師としての知識とママとしての立場から、困っているママの手助けになるような情報を発信しています。

-保湿剤について

Copyright© [薬剤師ママが解説]赤ちゃんの保湿ケアサイト~ベビスキ , 2018 All Rights Reserved.