カサカサ肌の次男を抱えた薬剤師ママが、同じ悩みを持ったママのために超わかりやすく解説するスキンケアサイトです。

[薬剤師ママが解説]赤ちゃんの保湿ケアサイト~ベビスキ

保湿剤について

[無添加?オーガニック?]赤ちゃんに使える本当に安全な保湿剤を選ぶには?

更新日:

赤ちゃんに本当に安全な保湿剤を選ぶには?

あやか
こんにちは。
薬剤師あやかです。
ママ
赤ちゃんに使う保湿剤って、やっぱり無添加がいいんだよね?
あやか
多くの赤ちゃん向け保湿剤は「無添加」をウリにしているね。
ママ
あと、「オーガニック」?っていうのもあるじゃない?
どう違うの?

 

「無添加」「オーガニック」と表示されているものもたくさんあるのが、赤ちゃん向けの保湿剤。
実は、この表示があるから安全とも言えないのです。

本当に質のいいものを見極めることが出来るのは、ママだけ。
赤ちゃんの肌に直接つけるものだから、しっかり理解して、ママも納得した上で選びましょう。

無添加の赤ちゃん用保湿剤は本当に安全?

「無添加」と書かれていると、なんとなくナチュラルな素材で、安心…ってイメージがわきますよね。
実は、無添加だから安全ともいい切れないのです。

無添加(むてんか、additive-free)とは、特定の物質が使用されていないことを表す表現である。何が無添加であるというような規定はない。

Wikipediaより

たとえば「合成香料無添加」だけで、保存料や石油系界面活性剤などがたっぷり入っていても、「無添加」と表示することは可能なわけです。

あやか
まずは無添加=安全、優しいと単純に思い込むのはやめましょう

保湿剤を選ぶときに、ママが見るべきは「何が無添加なのか」。
合成香料、着色料、アルコール、石油系界面活性剤、パラベンなどが入っていなければ、比較的お肌に優しい商品にはなりますが、パラベンなどは入っていることで、中身が劣化しにくくなるメリットもあるので、入っている=悪というわけでもありません。

必要のない成分は無添加で、必要なものはきちんと入っているものを選ぶのがポイントです。

あやか
個人的には、赤ちゃん向けの保湿剤に「合成香料、合成着色料」は不必要だと思いますが…。

オーガニックの赤ちゃん用保湿剤とは?

最近人気なのが「オーガニック」の保湿剤。

オーガニックとは、有機栽培で作られた、自然に優しい原料という意味。
……が、これも無添加と同じように単純に「オーガニック原料使用」というのは、ほんのちょっとだけ混ざっていても表記することができてしまうのです。

オーガニックは、有機と同じ意味です。
農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・そこに生物など自然の恵みを生かした農林水産業や加工方法をさします。
オーガニックが広まることにより、人や動植物、微生物などすべての生命にとって、平穏かつ健全な自然環境・社会環境が実現します。

日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会ホームページより

オーガニックの材料は自然にも優しく、天然の素材です。
ただし、逆に言えば天然な分だけ、成分の効果が強く出すぎてしまったり、成分が扱いにくかったりということもあります。
もちろん手間のかかる製法のため加工などの扱い方も難しく、価格も化学原料よりも高くなってしまいます。

成分の効果が強く出ることがあるため、肌のとても弱い子の場合は、安易にオーガニックを選ばないほうが良いこともあります。

 

オーガニックのアイテムを選ぶときには、認証マークをチェックすると安心です。
EUの「NaTrue」、フランスの「ECOCERT」、オーストラリアの「ACO」、アメリカの「USDA」など色々とありますが、どれもオーガニック成分の割合や製法などに細かく規定があり、それをクリアしたものにだけ認証マークがあたえられますので、これらのマークがついているものはきちんと「オーガニック」のものだと安心して大丈夫です。

関連記事オーガニックのベビーローション。本当におすすめなのは?

本当に安全な保湿剤を選ぶために

あやか
安全な保湿剤を選ぶのに、一番大切なことって何だと思う?
ママ
うーん、やっぱり無添加&オーガニック?
あやか
確かに、無添加やオーガニックのものは、お肌に優しいものが多いね。
でも、一番大切なのは、きちんと赤ちゃんの肌の状態を見極めることなの
ママ
え?
保湿剤と何の関係が……
あやか
保湿剤はいい効果を与えてくれるのは間違いないんだけど、お肌にとっては「異物」なの。
だから、全ての赤ちゃんにとって「これが絶対安全」といえるアイテムは、実はないのよ。
ママ
確かに、うちの子にはピッタリの保湿剤が、ママ友のところの赤ちゃんが使ったら赤くなったって言ってた…
あやか
そういうことも、本当によくあるんだ。
だから、使い始める前にはパッチテストといって、お肌の目立たない部分に少し塗って、時間がたってから様子を見ることも大切。
塗っている最中も、赤ちゃんのお肌の変化には敏感になっておいてね。
ママ
塗っている最中も?
あやか
そう。
赤ちゃんのお肌は、季節や月齢の影響をとても受けやすいの。
一週間前まで快調だった保湿剤が、突然ベタついてニキビが出来るようになってしまったり、逆に保湿力が足りなくなってカサカサするようになることもよくあるんだ。

大切なのは、赤ちゃんのお肌の状態を見ながら保湿剤を塗ってあげること。
成長や季節の変化にともなって、お肌の状態が変わってきたら、保湿剤も見直すタイミングかもしれません。

〇〇が入っていないから安全。
原料が天然じゃないから、これは危険。

……そんな単純な判断ではなく、しっかり赤ちゃんに向き合って選んであげてくださいね。

ママ
そんなこと言われても、難しいよ~!
成分もよくわかんないし…
あやか
そんなあなたの為に、↓のページで超敏感肌次男持ちの薬剤師ママである私が、実際に次男に塗ってみて「これなら…」と思ったものを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
オススメ
赤ちゃんの保湿剤の選び方とおすすめランキング
赤ちゃんの保湿剤の選び方とおすすめランキング

赤ちゃんの保湿剤は色々あって、迷ってしまいますよね。
このページでは、保湿剤の選び方からオススメの保湿剤まで、詳しくご紹介します。

 

  • この記事を書いた人
ayaka

あやか

三人の子を持つママ薬剤師。 乾燥肌でつねに皮膚トラブルに見舞われている次男をなんとかしようと、色々なケアを試行錯誤中。 薬剤師としての知識とママとしての立場から、困っているママの手助けになるような情報を発信しています。

-保湿剤について

Copyright© [薬剤師ママが解説]赤ちゃんの保湿ケアサイト~ベビスキ , 2018 All Rights Reserved.