カサカサ肌の次男を抱えた薬剤師ママが、同じ悩みを持ったママのために超わかりやすく解説するスキンケアサイトです。

薬剤師ママが教える赤ちゃんの保湿ケアサイト~ベビスキ

保湿剤について

オーガニックのベビーローション。本当におすすめなのは?

更新日:

オーガニックのベビーローション。本当におすすめなのは?

あやか
こんにちは。
薬剤師で3児の母のあやかです。

赤ちゃんに使うのなら、やっぱりオーガニックのもの!というママは多いですよね。
ただし、一言で「オーガニック」といっても、実はオーガニック原料がほんのちょっとしか入っていなかった…なんてものが、結構あるのです。

大切な赤ちゃんに使うものだから、保湿剤はしっかりしたオーガニック製品を選びたい。
そんなママに、こちらのページでは安心しておすすめできる正真正銘のオーガニックベビーローションをご紹介します。

オーガニックのベビーローションを選ぶポイント

「なんちゃってオーガニック」なベビーローションを掴まされないために、覚えておきたいポイントは3つ。

  • 認証機関から認証マークを与えられているか
  • きちんと保湿成分が配合されているか
  • よけいな添加物がはいっていないか

一番メジャーなフランスの「ECOCERT」をはじめとして、EUの「NaTrue」、オーストラリアの「ACO」、アメリカの「USDA」などそれぞれの地域でオーガニック製品の認証マークを発行しています。
それぞれ微妙に基準は異なりますが、このマークが付いているものは、基準どおりの製法で、基準どおりの原料を使って作られていますので、安心できるオーガニック商品だと考えて間違いなしです。

また、いくらオーガニックだからといっても、保湿するためにつかうので、保湿されなければ意味がありません。
しっかりと保湿成分が配合されているものを選びましょう。

せっかくのオーガニック製品。
不要な添加物がたっぷりはいっていたら、オーガニックを選んだ意味がありませんよね。

…というわけで、この3ポイントを基準に、おすすめのオーガニックベビーローションをランキングにしてみました。

オーガニックのベビーローションランキング

第一位 アロベビーミルクローション

日本製のエコサート認証オーガニックベビーローション。
しっかりした保湿力と、べたつかない使いやすさで第一位です。

アロベビー ミルクローション

99%天然素材の純国産オーガニック商品。
エコサート認証も取得している信頼のオーガニックベビーローションです。

保湿はもちろんですが、お肌をすこやかに保つ天然成分も配合されているので、総合的に肌トラブルを防止してくれます。

安全性 保湿成分 使いやすさ 価格
99%天然国産素材 オリーブ油、シア脂、ホホバオイル ポンプ式ボトル  

150ml/2,300円
(税抜き・単品購入)

ポンプ式で塗りやすく、のびが良いミルキーローション。

セラミドを補う「オリーブ油」、お肌を保護する「シア脂」、乾燥を防いで細胞を元気にする「ホホバオイル」をはじめとした、99%天然素材の純国産オーガニック商品。
保湿成分だけでなく、肌トラブルを防止する「ヒマワリ種子油」、炎症などの肌トラブルをケアする「イタドリ根エキス」「オウゴンエキス」などの天然成分も配合されているので、総合的に赤ちゃんの肌をすこやかに保つサポートをしてくれます。

アルコール、合成ポリマー、鉱物油、シリコン、石油系界面活性剤は不使用。
開発から生産まですべて国内で行われている安心の品質なので、生まれたばかりの赤ちゃんでも安心して使えます。

天然オーガニックアロマのラベンダー&ローズが、やさしく香って赤ちゃんもママもリラックスできます。
ベタつきがなくて、さらっと仕上がるので赤ちゃんもご機嫌。

第二位 babybuba ベビーローション

スプレー式のボトルがとても使いやすいエコサート認証オーガニックベビーローション。
若干、保湿力の部分でアロベビーに及ばず。
乾燥がそれほど強くない子には使いやすいベビーローションです。

外出時などはスプレーが大活躍するので、ママバッグに一つ入れておきたいアイテム。

babybuba ベビーローション

有機栽培で育ったハーブと野菜の保湿・保護成分が、敏感なお肌をやさしく包みこんでうるおすローションです。
細かい霧状のスプレーは一度で広範囲に塗布することができ、お風呂上がりはもちろん、室内外問わず乾燥が気になる時にさっと使えてとても便利です。

天然由来成分:99.5%/オーガニック成分10.63%
【ECOCERT オーガニックコスメティック認証取得】

安全性 保湿成分 使いやすさ 価格
99.5%天然国産素材 ホホバオイル、ヒマワリ種子油、マカデミアナッツオイル、オリーブオイル スプレー式ボトル  

100ml/1,944円
(税込・単品購入)

スプレー式でさっと塗れるベビーローション。

天然成分を99%以上使用。
世界各地から厳選したオーガニック認証のある完全有機栽培植物原料を使用しています。

親しみやすく爽やかな香りの「ラベンダーウォーター/ラベンダーオイル」、浸透性が良くさらっとした使用感の「ホホバオイル」、皮脂に含まれるパルミトレイン酸を豊富に含む「マカデミアナッツオイル」、お肌を柔らかくし、保湿効果に優れている「サンフラワーオイル」、お肌を保護して柔らかさを保つ「オリーブオイル」をこだわって配合しています。

パラベン、合成着色料、合成香料、石油由来合成界面活性剤、合成ポリマー、シリコンは不使用。
安全性の確立していない100mm以下のナノ原料は使用していません。

第三位 ヴェレダ カレンドラ ベビーミルクローション

Natrue認証取得オーガニックベビーローション。
ドイツの自然医薬品メーカーが作った世界50カ国で使用されているブランドのアイテムなので、安心です。

合成香料は使用していませんが、カレンドラの匂いがかなり強めに入っているので、好みが分かれるため3位に。

カレンドラ ベビーミルクローション

自然医薬品メーカー「ヴェレダ」が助産師さんの声をもとに作ったベビーローション。
メインに配合されている「カレンドラ花エキス(トウキンセンカ花エキス)」は、保湿・保護・肌荒れ防止にすぐれ、ヨーロッパでは敏感肌のケアに長年用いられてきた成分です。

天然由来成分100%
【オーガニック認証Natrue取得】

安全性 保湿成分 使いやすさ 価格
100%天然素材 ゴマ油、アーモンド油、トウキンセンカ花エキス、カミツレ花エキス 逆さまにして出すタイプのボトル  

200ml/2,376円
(税込・単品購入)

古代エジプトの時代から、肌荒れ予防や敏感な肌のケアに使用されてきたキク科の植物「カレンドラ」の花のエキスをはじめとした、ベビーの肌に適したオイルとエキスを厳選して配合したベビーローション。
ドイツの自然医薬品メーカーヴェレダが作ったベビー向けラインで、オーガニック認証Natrueも取得している安心の製品です。

合成香料、合成色素、合成保存料、シリコン、石油系原料、鉱物油は不使用。


まとめ

オーガニックのベビーローションを選ぶときに、まずチェックしたいのは「認証マーク」がきちんとついているかどうか。
また、オーガニックだったら何でもokというわけではなく、保湿効果や使いやすさもしっかり検討して選びましょう。

今回ご紹介した3つのベビーローションはどれも、きちんとしたオーガニック製品で、保湿効果もあります。
その中でも、私が使ってみて使いやすく、保湿効果もしっかりあってオススメなのは、やっぱり「 アロベビーミルクローション」。
我が家でも香りも塗り心地も好評なので、ずっとリピート中です。
悩んでしまったときには、参考にしてみてくださいね。

ミルクローション

  • この記事を書いた人
ayaka

あやか

三人の子を持つママ薬剤師。 乾燥肌でつねに皮膚トラブルに見舞われている次男をなんとかしようと、色々なケアを試行錯誤中。 薬剤師としての知識とママとしての立場から、困っているママの手助けになるような情報を発信しています。

-保湿剤について

Copyright© 薬剤師ママが教える赤ちゃんの保湿ケアサイト~ベビスキ , 2018 All Rights Reserved.