カサカサ肌の次男を抱えた薬剤師ママが、同じ悩みを持ったママのために超わかりやすく解説するスキンケアサイトです。

薬剤師ママが教える赤ちゃんの保湿ケアサイト~ベビスキ

赤ちゃんの肌トラブル

乳児脂漏性湿疹の症状と対処法、処方薬

更新日:

乳児脂漏性湿疹

あやか
こんにちは。
薬剤師で3児の母、あやかです。

うちの子、最近フケが多い気が……。
なんだか、赤ちゃんの髪の毛の生え際に黄色いカサブタができている…。

なんてことはありませんか?

そんな症状は「乳児脂漏性湿疹」かもしれません。
皮脂の分泌がさかんな赤ちゃんにはよく見られる症状で、成長とともに良くなっていきますので、それほど心配する必要はありません。
ジュクジュクとしてきたり、かゆがって不機嫌が続く…なんてときは皮膚科(小児科でもOK)を受診してみてください。

ホームケアの基本は、清潔と保湿
しっかり余分な皮脂を落とした上で、清潔にしてから保湿してあげることで少しずつ良くなっていきますよ。

乳児脂漏性湿疹とは

「乳児湿疹」のなかの代表的なひとつで、頭の中や顔などに出来ます。
生後2週間くらいから、3,4ヶ月くらいの、皮脂分泌が盛んな時期の赤ちゃんによくみられます。

見た目的にアトピーと間違えやすいのですが、「乳児脂漏性湿疹」は、アトピーに比べてかゆみが少ないことが特徴です。

乳児脂漏性湿疹の症状

厚くて黄色いかさぶたが頭の中やまゆげ、おでこ、ほっぺなどに出来たり、髪の毛の中や肌からフケの様にカサカサしたものが出てくる症状です。

髪の毛の生え際や顔は特に皮脂の分泌が盛んなので、ジュクジュクした状態になったり、赤くただれた状態になることもあります。
ただし、あまりかゆくなることはありません。

乳児脂漏性湿疹の原因

産まれたばかりの赤ちゃんは、とっても新陳代謝が活発です。
また、まだママから受け取った女性ホルモンが身体に残っている関係で、皮脂の分泌が多すぎる状態になっています。

多すぎる汗や皮脂が毛穴に詰まってしまうことで、湿疹が起こります。
また、皮脂や汗が皮膚に残ることで、雑菌が繁殖しやすくなって、炎症を起こしてしまいます。

乳児脂漏性湿疹はいつまで?

赤ちゃんも、5~6ヶ月になると皮脂分泌が落ち着いてくるので、徐々に綺麗になってきます。

その子の皮脂分泌の状況によっては、一歳過ぎまで長引くこともありますが、徐々に治っていきますので、心配しすぎることはありません。

乳児脂漏性湿疹の対処法

保湿剤の塗り方
軽い症状であれば、ホームケアで治すことも可能です。

ジュクジュクしてきた、かゆがっているなど日常生活に支障がある状況であれば、病院を受診してください。

しっかり洗う

とにかく、しっかりと石けんで洗って清潔にしておくことが大切です。

原因が余分な皮脂なので、まずは石けんでしっかりと洗います。
このとき沐浴剤などではなく、しっかりとした「石けん」成分のもので洗うことが大切。
「石けん」成分でないと、油がきちんと落ちません。
ゴシゴシこするのではなく、スポンジなどで一度しっかり泡立ててから、泡で包み込むように洗ってあげてください。

かさぶたになっている部分も、無理にこすらないでください。
無理矢理はがしてしまうと、そこからまた雑菌が入って悪化してしまうことがあります。
自然に溶けたり、むけたりして落ちてくるまで待ちましょう。

髪の毛に絡んでいるなどで、かさぶたが気になる場合には、ベビーオイルやオリーブオイルなどでしばらくふやかしてから、シャンプーをします。
このときも、くれぐれも無理矢理とらないようにしてください。

カサブタのケアに使用するなら、プチプラで使いやすいこちら↓がオススメ。
たっぷりのオイルでしっかりふやかしてあげてくださいね。

ジョンソン ベビーオイル

とりあえず一本、家においておくならコレ。
ポンプタイプで使いやすく、長年定番の「生まれたその日から使えるやさしさ」のベビーオイルです。

しっかり保湿

皮脂分泌が激しすぎるなら、何も塗らない方が……と一瞬思いますが、実は保湿がされていないと、余計に皮脂分泌が盛んになってしまうのです。
(これは、ママのお顔のケアでも同じことですよね)

脂漏性湿疹の場合にも、保湿はとても大切なケアになります。

お風呂から上がったら、なるべく早く保湿剤を塗ってください。
たっぷりの保湿剤で滑らせるように全身を保湿しましょう。
(保湿剤が少ないと、逆にこすれてお肌に負担がかかってしまいます)

乳児脂漏性湿疹の赤ちゃんは皮脂分泌が多いので、さっぱりとしたローションタイプの保湿剤がオススメです。

保湿をしっかりすることで、お肌の油分と水分のバランスがとれていき、次第に脂漏性湿疹もおさまっていきます。

病院へかかるめやす


ジュクジュクする状態、出血している場合などは、雑菌が入って感染してしまう可能性がありますので、病院を受診してください(小児科でもかまいませんが、皮膚科のほうが最適です)。

また、赤ちゃんがかゆがってかき壊してしまう場合なども、受診してください。

病院で処方される薬

基本的には、保湿剤でケアすることでおさまりますが、ジュクジュクしている場合、かき壊してしまう場合などには、炎症を抑えるお薬や、感染を予防するお薬が出されることもあります。

また、症状が酷い場合には、早めに治してあげた方が赤ちゃんのストレスにならないので、優しい作用のステロイドが処方されることもあります。

  • プロペト
    成分は「白色ワセリン」という、薬局でも売っている薬です。皮膚を保護する効果があります。
  • フエナゾール
    軟膏とクリームがあります。非ステロイド(ステロイドではありません)の、炎症を抑える効果のある薬です。
  • ヒルドイド
    クリーム、ローション、ソフト軟膏があります。
    「ヘパリン類似物質」という体内にある「ヘパリン」という成分に似たものが主成分です。これには、保湿、血行を良くする、炎症を抑えるという効果があります。
  • 亜鉛化軟膏
    「酸化亜鉛」を主成分とする軟膏です。皮膚を引き締めたり、炎症を抑えたり、感染を予防する効果があります。

まとめ

乳児脂漏性湿疹は、赤ちゃんにはよく見られる症状の一つですので、基本的に心配はいりません。
皮脂の分泌が多すぎることで起こる湿疹なので、まずはしっかり余分な皮脂をおとして清潔にすること。

お肌が乾燥すると皮脂分泌が盛んになってしまうので、しっかり保湿剤でケアしてあげてください。
(使用する保湿剤は、オイルやクリームよりも、さっぱりとした使い心地のローションがオススメです)

ジュクジュクしているときや、痒くてずっと機嫌が悪いなど、日常生活に支障があるときは、遠慮せずに皮膚科か小児科を受診してくださいね。

  • この記事を書いた人
ayaka

あやか

三人の子を持つママ薬剤師。 乾燥肌でつねに皮膚トラブルに見舞われている次男をなんとかしようと、色々なケアを試行錯誤中。 薬剤師としての知識とママとしての立場から、困っているママの手助けになるような情報を発信しています。

-赤ちゃんの肌トラブル

Copyright© 薬剤師ママが教える赤ちゃんの保湿ケアサイト~ベビスキ , 2018 All Rights Reserved.