カサカサ肌の次男を抱えた薬剤師ママが、同じ悩みを持ったママのために超わかりやすく解説するスキンケアサイトです。

[薬剤師ママが解説]赤ちゃんの保湿ケアサイト~ベビスキ

赤ちゃんの肌トラブル

乳児湿疹の症状と対処法、処方薬

更新日:

乳児湿疹の原因と対策・処方薬

乳児湿疹とは

赤ちゃんの顔や身体に出来る湿疹は、基本的にすべて「乳児湿疹」と呼ばれます。

この中には、「新生児ニキビ」や「乳児脂漏性湿疹」から「あせも」まで、さまざまなものが含まれていますので、その症状もいろいろです。
また、そのなかのいくつかが同時に発生していることもあります。

乳児湿疹の症状

乳児湿疹には以下のような症状があります。

  • 赤くなる
  • かゆくなる
  • 皮膚がむける
  • ぽつぽつができる

赤ちゃんにはよく起きる症状ですが、すぐに治る軽いものから、なかなか治らずに、かゆみに悩まされてしまうものまで様々。
なるべく早めに、適切な対処をすることで、悪化することを防ぎましょう。

乳児湿疹の原因

本来、お肌にはバリア機能が備わっているのですが、お肌が荒れてバリア機能が弱まっていると、外から来た刺激物質に反応しやすくなってしまいます。

外から来た刺激物質やアレルギー物質に触れたことによる湿疹と、アトピーや食物アレルギーなどの、身体の中からくるアレルギーが皮膚に現れるものがあります。
ただ、湿疹の原因は、いろいろなものが合わさっていることも多く、「これ」と断言するのはなかなか難しいことがあります。

乳児湿疹はいつまで?

赤ちゃんの肌は、少しずつバリア機能が整ってきます。
お肌が丈夫になれば、乳児湿疹は徐々に治ってきますので、根気強くつきあっていきましょう。

乳児湿疹の対処法

軽いものなら、清潔にしてしっかり保湿するおうちでのケアでかなり良くなります。
酷くなってきたら、病院へかかりましょう。

しっかり洗う

しっかり洗う
石けんで、しっかりと洗います。
このとき沐浴剤などではなく、しっかりとした「石けん」成分のもので洗うことが大切。

ゴシゴシこするのではなく、スポンジなどで一度しっかり泡立ててから、手のひらに泡を取り、泡で包み込むように洗ってあげてください。
スポンジのままゴシゴシ擦るのはNGです。
擦ることでお肌に刺激を与えると、そこからまた炎症を起こす原因になってしまいます。

首の付け根、脇の下、太ももの付け根、ヒジやひざ、その他しわが深く入っている場所は、しっかりと広げて洗うように気をつけましょう。
赤ちゃんは、むちむちしてクリームパン状にくびれが入っている場所が多いので、しっかり中まで洗うように心がけてください。

関連記事ベビーソープの選び方と実際に試したおすすめをランキング!

しっかり保湿

お風呂から上がったら、なるべく早く保湿剤(ベビーローションなど)を塗ってください。
たっぷりの保湿剤で滑らせるように全身を保湿しましょう。
(保湿剤が少ないと、逆にこすれてお肌に負担がかかってしまいます)

また、朝おきたときにも保湿剤を塗ってあげるとベストです。
一日二回塗ってあげることで、かなりお肌の調子は良くなります。

その他、シャワーを浴びたときなどは、随時保湿剤を塗ってください。

関連記事赤ちゃんの保湿剤の正しい塗り方とは

汗をそのままにしない

お部屋にいるときは、なるべく涼しくして汗をかかないようにしてあげてください。

また、汗をかいたときにはすぐにタオルで拭き取って、お肌に汗が残らないようにしてあげましょう。
大人でも経験があると思いますが、汗が残っていると、乾燥した後でもぴりぴりして、お肌にはかなり刺激になります。

病院へかかるめやす

かゆくてかきむしってしまう、かゆみで眠れない、かゆみのせいでぐずぐずして常に機嫌が悪いなど、日常の生活に支障がある場合は、病院(小児科でもOKですが、皮膚科があれば皮膚科のほうが適任です)にかかりましょう。

その他、湿疹がじゅくじゅくしてきた場合にも、とびひになってしまう可能性があるので、早めに受診してください。

病院で処方される薬

保湿剤が出されるのが基本ですが、症状が酷いときは、ステロイドを使用してさっと治した方が長引かずにすみます。

「ステロイド」と言われると、怖いと思ってしまう方もいるかもしれませんが、重い副作用が問題になるのは、長期に大量に使用したとき、内服したときが主です。

乳児湿疹に使用する程度の、短期間のステロイド剤の使用が問題になることはありませんので、処方された場合にはしっかり使用してください
赤ちゃんにとっても、湿疹が長引いてしまうより、一週間程度ステロイドを使ってしっかり治してしまう方が、負担が少なく済みます。

  • プロペト
    成分は「白色ワセリン」という、薬局でも売っている薬です。皮膚を保護する効果があります。
  • ヒルドイド
    クリーム、ローション、ソフト軟膏があります。
    「ヘパリン類似物質」という体内にある「ヘパリン」という成分に似たものが主成分です。これには、保湿、血行を良くする、炎症を抑えるという効果があります。
  • キンダベート
    「クロベタゾン酪酸エステル」というステロイドの入った軟膏です。炎症やアレルギー症状を抑える効果があります。
    塗っているのに湿疹が酷くなっている気がする……という場合は、副作用の可能性がありますので、医師に相談してください。
    特別な指示がない限り、塗るのは湿疹の部分のみにして、予防的に全身に塗ったりすることのないように気をつけてください。
    ステロイドの中でもやさしい作用の薬なので、赤ちゃんにも使用して問題ありません。
  • アルメタ
    「プロピオン酸アルクロメタゾン」というステロイドの入った軟膏です。炎症やアレルギー症状を抑える効果があります。
    塗っているのに湿疹が酷くなっている気がする……という場合は、副作用の可能性がありますので、医師に相談してください。
    特別な指示がない限り、塗るのは湿疹の部分のみにして、予防的に全身に塗ったりすることのないように気をつけてください。
    ステロイドの中でもやさしい作用の薬なので、赤ちゃんにも使用して問題ありません。
  • ロコイド
    「ヒドロコルチゾン酪酸エステル」というステロイドの入った軟膏・クリームです。
    炎症やアレルギー症状を抑える効果があります。
    塗っているのに湿疹が酷くなっている気がする……という場合は、副作用の可能性がありますので、医師に相談してください。
    特別な指示がない限り、塗るのは湿疹の部分のみにして、予防的に全身に塗ったりすることのないように気をつけてください。
    ステロイドの中でもやさしい作用の薬なので、赤ちゃんにも使用して問題ありません。

※基本的に、乳児湿疹で処方されるステロイドは「ミディアム」という、5段階中4番目の強さで、とても優しい作用のステロイドです。怖がることなく適切に使用してください。
※ステロイドは感染症を悪化させることがありますので、処方された以外の用途には、決して自己判断で使用しないでください。

まとめ

乳児湿疹のホームケアは、清潔と保湿がキホン。
赤ちゃんが成長するにつれて、少しずつおさまってきますので、心配しすぎなくても大丈夫。

痒がったり、血が出たりしている場合には、はやめに皮膚科か小児科を受診してあげてください。
病院で出されたおくすりは、ステロイドも含めて、指示通りにきちんと使いましょう。

  • この記事を書いた人
ayaka

あやか

三人の子を持つママ薬剤師。 乾燥肌でつねに皮膚トラブルに見舞われている次男をなんとかしようと、色々なケアを試行錯誤中。 薬剤師としての知識とママとしての立場から、困っているママの手助けになるような情報を発信しています。

-赤ちゃんの肌トラブル

Copyright© [薬剤師ママが解説]赤ちゃんの保湿ケアサイト~ベビスキ , 2018 All Rights Reserved.