カサカサ肌の次男を抱えた薬剤師ママが、同じ悩みを持ったママのために超わかりやすく解説するスキンケアサイトです。

[薬剤師ママが解説]赤ちゃんの保湿ケアサイト~ベビスキ

赤ちゃんのスキンケアは保湿から

赤ちゃんの肌はトラブルを起こしやすいのです

「すべすべの赤ちゃん肌」って、よく化粧品のCMなどで耳にするのですが、実際に赤ちゃんを目の前にしたら「すべ……すべ???」と首をかしげてしまいませんでしたか?

生まれたばかりの赤ちゃんは、しわしわカサカサ
少しすると皮脂ででべたべた
ぽつぽつニキビまで出来ることもあります。

その後も湿疹が出たり、よだれかぶれでほっぺが真っ赤になってしまったり。
「すべすべの赤ちゃん肌」を維持しようと思ったら、ママ&パパがこまめに保湿ケアするのは最低条件。
赤ちゃんによっては、乾燥肌だったり敏感肌だったりで、さらにプラスアルファのケアが必要なこともよくあります。

「ベビスキ」では、次々起こる赤ちゃんのお肌トラブルに困っているママ&パパ向けに、薬剤師で3児の母の管理人が、実際に試行錯誤しながらスキンケアの情報をお知らせしています。

「保湿ケア」は、スキンケアの基本。
ママ&パパがしっかり知識をつけてケアしてあげることで、赤ちゃんのお肌をトラブルから守ってあげることが出来ます。

あやか
すべすべの赤ちゃん肌を目指して、一緒に頑張りましょう!

赤ちゃんの肌トラブルを防ぐ3つのポイント

赤ちゃんのお肌をトラブルから守るためには、次の3つが大切なポイントになります。

  1. 清潔にする
  2. 保湿する
  3. 酷いときには迷わず病院へ

次から詳しく解説していきますね。

Point1 清潔にする

しっかり洗う
赤ちゃんは、とにかく汗っかき。
新陳代謝も活発なので、お肌はとても汚れやすいのです。

まずは、しっかり汚れを落としてあげることが大切。

…とはいっても、赤ちゃんの肌はとてもデリケートなのでゴシゴシ擦るのは厳禁です。
正しい洗い方を身に着けて、優しく清潔にしてあげましょう。

Point2 保湿する

赤ちゃんのお肌はとても薄いので、乾燥に弱いのが特徴です。
乾燥すると肌荒れを起こし、そのまま深刻な肌トラブルになってしまうことも…。

保湿は大切なのですが、保湿剤によっては逆に肌トラブルを引き起こしてしまうこともあるので、しっかり見極めて選ぶことが大切。
「保湿できればいいよね」とママの化粧水をテキトーに塗るなんていうのも、ダメ!ですよ。

Point3 酷いときには迷わず病院へ

お肌のトラブルは、放置するとかき壊してしまったり、とびひになったり。
悪化すると治るまでも時間がかかってしまい、赤ちゃんにとっても大変です。

当サイトでは、受診の目安もお知らせしていますが、基本的にはママ&パパが「ホームケアでは手に負えない」と思ったら、すぐに受診してください。
可能であれば皮膚科がオススメですが、小児科でも大丈夫です。

毎日のスキンケアで肌トラブルを防ぐ!

赤ちゃんは、基本的に肌トラブルを起こすもの。
まったく、トラブルなく、ケアもせずにツルツルピカピカなんていう子は、本当にめずらしいのです。

我が家の3兄妹も、産まれてから毎日スキンケアを欠かしていませんが、長男長女は比較的ツルピカを保っているのに対して、次男はそれでも常に肌トラブルに見舞われてきました。

毎晩かきむしってなかなか眠れずに泣いてしまったり、かきこわして血が出てしまったり…。
ひどい皮膚トラブルは本当に辛くて、かわいそうです。

もちろん、赤ちゃんの肌トラブルの責任はママやパパにはありません。

でも、きちんと知識をつけてスキンケアをしてあげることで、少しでも症状を軽く、リスクを少なく出来るのであれば、やらない理由はありませんよね。

赤ちゃんも、ママもパパもニコニコで過ごせる毎日のために、ぜひスキンケアをしてあげてくださいね。

更新日:

Copyright© [薬剤師ママが解説]赤ちゃんの保湿ケアサイト~ベビスキ , 2018 All Rights Reserved.